スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックアップとハードディスク

【プロローグ】

先日、とある方との会話のなかでこんな話題になりました。
会話にしたら5秒程度でしたが非常に重いテーマでした。

「バックアップって一体どこまでやればいい?」

「う」

普段からバックアップの重要性を理解している方からのバックアップ論は
非常に深いところに入り込んでいかなければならないテーマなので
一瞬どう回答すればベストなのか戸惑いました。

「ヌシ、やるな。」

ハードディスクがクラッシュした際の復旧コスト、復旧出来なかった際の損失額と
再構築費用など諸々の費用を考えた上でのベストなバックアップを答えよ!とは。

「へへへ、いいジャブもってんじゃねえか」

迂闊に「そうですね~、データセンターと契約する手もありますが容量に縛られたくないんでしたら
スーパーのお刺身コーナーぐらいエアコンが効いたサーバールームにファイルサーバ用意して、
データに異常がないか常に『暑くなぁ~い?』『寒くなぁ~い?』『痒くなぁ~い?』と
必要以上に気遣ってくれるサーバ監視員を雇い、停電に備え自家発電設備でも・・・・」

間違いなく今後二度とまともに話を聞いてもらえない・・・・
いっその事、本気肩パン食らう方がどれだけマシか。

結局、「会話のネタ」としてベストな回答とは、
「必要以上に手間をかけない程度に、壊れた際に困らない程度に・・
なんて事を障りなく伝える事がベストな回答」と判断しました。



さて、これで終わりにすると「バックアップとハードディスク」のネタが完結してしまうので
今後は、何故バックアップが必要なのか?に焦点を絞って続ける事にしたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

新井優仁

Author:新井優仁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。